読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日刊双極性日記

双極性障害持ちの日常を中心に。最近ミニマリスト目指し始めました。

2015年5月4日

 7時起床。空を飛ぶ夢を見た。今日は15時頃から雨が降るらしい。

 目覚まし代わりにLINE POP2をやり、レベル158をクリアする。

 朝食後、まだ眠気が取れないので、横になり2時間ほどウトウトする。

 14時半頃外出。新さっぽろのプロントへ。アイスレモンティーのXLを飲みながら、LINE POP2をしたり(レベル159クリア)、iPad miniにいれた自炊本を読んで過ごす。吾妻ひでお「逃亡日記」読了。実は吾妻ひでお氏の作品は、「失踪日記」「うつうつひでお日記」しか読んだことがないのだが、後半は過去の吾妻氏の作品についての話が多く、ちょっと解らない部分もあったが、なかなか面白かった。そして次に京極夏彦姑獲鳥の夏」を読み始める。まだ最初の1章しか読んでいないが、なかなか面白くなりそうだ。

 19時までプロントで粘った後、紀伊國屋書店に行き、男性ファッション誌を立ち読み。「UOMO」という雑誌が自分に合っている感じがした。その中にニットジャケットが今年は多く出ているが、一つ間違えると年齢が老けて見えると書いてありギクリとする。で、それを防ぐには中に合わせるシャツを白ではなく青にしたり、白いシューズを履いたりして今の気分を出すことだそうだ。とりあえず自分が履いてるシューズは白なので大丈夫かな?

 夜はLINE POP2をしたり、他の方のブログを読んだり、この日記を書いたりして過ごす。今日はちょっと気になる記事があったので、それについて書いていきたい。それは脱貧困ブログというブログの「貧困予備軍は、フェイスブック、ツイッターを絶対にやったほうが良いと思うたった一つの理由」という記事。要するにFacebookTwitterでつながっておけば、いざというときの安全弁になるという内容の記事なのだが、これを読んで思ったのはお金を持ってない人間はプライドを持ってはいけないんだなということだ。まあ変なプライドがあるために孤独死するよりは百倍ましなのだが。そう考えると自分もこのブログをTwitterFacebookで拡散して、もっと自分の現状をさらけ出す必要があるということか。うーん。でもFacebookにはぶっちゃけ縁を切りたい人も何人もいるので、この日記のことは公表したくないしな。となると、ゆるく匿名でもつながれるTwitterか。久しぶりにTwitterまた始めようかな。

 

 

逃亡日記

逃亡日記