読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日刊双極性日記

双極性障害持ちの日常を中心に。最近ミニマリスト目指し始めました。

2015年5月23日

 8時起床。今日は快晴で暖かいそうだ。

 10時過ぎに外出し、まずは床屋へ向かう。髪を切ってもらったのだが、左のもみあげが右のもみあげより約1センチ短かった(後で気づいた)。やっぱり安い床屋(1,900円)だからこういうことがあるんだなあ。

 その後、サタデーリワークへ。午後からのプログラムで中国茶の専門店でランチを食べるというものに参加。徒歩で移動しながら、メンバーとおしゃべり。そこで中国人観光客のマナーの悪さが話題に。自分の住んでいる札幌は、海外からの観光客が多く、その中でも中国(香港、台湾含む)からの観光客が多いのだが、確かにマナーが良いとは言えない。しかし、自分なんかはこれは30年、40年前の日本人観光客の姿なのだと思っていてそんなに気にしてはいなかったのだが、あるメンバーが見た中国人観光客はすごかった。札幌にある某百貨店のバーバリーのお店の中を焼き鳥(しかもタレ)を食いながら、買い物していたとのこと。うーん。店員注意しないと。

 中国茶の専門店でのランチは、予約していたにも関わらず、1時間くらい待たされたりと、若干嫌な予感も漂ったものの、味は申し分なくデザートまでついて大満足であった。自分は豚の角煮チャーハンを食べたのだが、ほんとに美味しかった。まあ、待ったせいもあるのかもしれないが。ただ待ち時間もメンバーとおしゃべりをしていたので全く苦にならなかった。

 

f:id:abylify:20150524022157j:plain

f:id:abylify:20150524022256j:plain

 

 ランチ後、あるメンバーと飲んでいる薬について話したのだが、その方は9種類くらいの薬を飲みながら、仕事をしているとのことで、自分が仕事やめる直前の状況に似ているなぁと思った。これはその方には言わなかったのだが、はっきり言ってドーピングして仕事しても長続きはしないと思う。なるべく薬を飲まないでやっていけるような自分になったり、そういう環境を見つけ出す・作り出すことをしなければ、本当の意味での寛解は訪れないのではないだろうか。まあ働いてない自分が偉そうなことは言えないのだが、ドーピングしてでも働くことが偉いとされる状況が変わらない限り、日本の社会は息苦しいままだと思う。

 サタデーリワーク終了後、パルコへ。夏用の靴下を買いに5階のCollectorsへ向かう。3足セット1,300円のものを2つ購入。その他にも色々と面白いものがあったが、購入はせず。その後、2階のビューティーアンドユースへも行こうかなと思ったが、絶対何か買ってしまいそうなので、立ち寄らずパルコを後にする。今日はパルコカードで買い物すると請求時10%オフのセールをやっていたので、いつもよりも混んでいた。

 帰る前に新さっぽろでIngress。1時間ほどで、ミッションを3つクリアし、APを約1万稼ぐ。新さっぽろのミッションはフレーズを入力したりする必要があったりして、なかなか一筋縄では行かないものだった。

 

f:id:abylify:20150524022435p:plain

 

 夜はネットを見たり、2時間ほど寝たり、日記を書いたりして過ごす。3時就寝。