読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日刊双極性日記

双極性障害持ちの日常を中心に。最近ミニマリスト目指し始めました。

まだスケジュール管理に手帳使ってるの?自分はEvernoteのリマインダーを使ってますが。

 先日自分が購読してるブログの記事で手帳を公表をしてる記事があったんですよね。それがこちらの記事です。

 

lis-arielle.hatenadiary.com

 

 詳しい内容は記事を見ていただくとして、なかなか女性らしい素敵な手帳の使い方をされているんですよね。で、自分はどうかというとスケジュール管理には紙の手帳を使ってはいないんですよ。もちろん、バリバリ働いてた頃は使ってましたが、今は病院の診察とソーシャルワーカーの面談くらいしか予定ないですから。というかバリバリ働いてたとしても今の時代ならEvernoteのリマインダーを使いますね。

 

 Evernoteのことはご存知の方も多いかと思いますが、手書きメモでも、ウェブページでも、写真でも、ワードファイルでも何でもクラウドに保存しておけるあの便利なやつです。そのEvernoteにはリマインダーという予め指定した時間になったらお知らせしてくれる機能があります。それをスケジュール管理に使うのです。

 

 使い方は超簡単。ファイル名を時間+用件という形にして、あとはそれを自分の指定した日時にセットするだけ。こんな感じです。

 

f:id:abylify:20150820201115p:plain

 

 リマインダーを作動させる日時はお好みですが、自分は予定の入ってる日の朝にセットする場合がほとんどです。

 

 では、このEvernoteのリマインダーを使ったスケジュール管理のメリットを説明していきましょう。まず第1に、入力が楽ちんです。自分は主にAndroid版のEvernoteを使っているのですが、Evernoteを立ち上げて普通のノートを追加するようにリマインダーを追加して登録するだけです。それにAndroid版でもiOS版でも日時の入力がスムーズになっていますので登録もあっという間です。

 

 第2にデジタルデータの強みが挙げられます。具体的にどういうことかというと、まずはあなたが設定間違いさえしなければ、確実に指定した時間に予定を知らせてくれるということです。つい手帳を見るのを忘れたなんてことはありません。それにもう一つはあまり考えたくありませんが、普段予定の入力に使っているスマホを紛失しても他のパソコンからスケジュールにアクセスすることができます。

 

 ここまでは他のアプリ(例えばGoogleカレンダー)などでもできることですが、第3にこれがEvernoteであるということです。つまり、会議の予定のリマインダーに会議の資料・メモ等を手軽に貼ることができるということです。Googleカレンダーだってファイルの添付はできるのでしょうが、Evernoteはもともとそれが本職なのですから連携の良さが違います。

 

 さて、ここまで書いてきて紙の手帳に劣っていることはないのかと思われる方もいるかと思いますので、それも書いていきたいと思います。紙の手帳に劣っていることはもちろんあります。あるのかよ!と思われた方多いと思いますが、この世に残念ながら万能なものはなかなかありません。

 

 では、何が劣っているのかというと「視認性」に劣っています。Evernoteのリマインダーを使ったスケジュール管理ではあくまでも文字情報で何日の何時に◯◯といった感じの情報がずらっと表示されるだけなので、ビジュアル的に何日の何時が空いているというのがわかりにくいです。こんな感じです。

 

f:id:abylify:20150820205926p:plain

 

 でも、自分はあまりこのデメリットを感じないので、これからもEvernoteのリマインダーでスケジュール管理していきますよ。皆さんもいまお使いの紙の手帳やアプリに不満をお持ちなら一度試してみてはいかがですか?

 

 

 で、ここまでの流れだと自分は単なるEvernote偏愛野郎で終わってしまうのですが、実は自分も紙の手帳を使っているんです。それがこちら。

 

f:id:abylify:20150820211241j:plain

 

 使っているのは、ほぼ日手帳のカズンでその日の起床・就寝時間などの記録をつけています。その他に手帳上部にはその日使ったお金の明細、手帳下部には国民年金の支払いの控えなんかを貼っています。そう手帳は日記がわりにその日の記録をつけるのに使っているのです。

 

 

 最後に、タイトルはあくまでも釣り針的なもので、紙の手帳をスケジュール管理に使っているから悪いとかそうことは全くありません。「Y’s Diary」のやなは様、素敵な話題提供ありがとうございました。今後共よろしくお願い致します。

 

【かかった時間:約2時間15分】