読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日刊双極性日記

双極性障害持ちの日常を中心に。最近ミニマリスト目指し始めました。

2015年10月22日 ワイモバイル版Nexus5X購入!

 7時40分起床。

 

 今日も作業所の送迎車に時間通りに乗り込む。これで4日連続出発時間に間に合っている。まあ、それが当たり前なのだが。作業所ではワードのテキストを使っての自習をする。かなりワードについては色々な知識が身についてきた。この自習が面白くて、作業中全く眠気を感じない。

 

 作業所の後は、銀行で用事を足してから、ビックカメラへ。先日予約していたNexus5Xが入荷したという連絡が昨日入ったので、購入しに行ったのだ。先日予約した時点では値段が出ていなかったが、店頭に出ていた値段を見てびっくり。なんと、32GBモデルで80,352円とGoogle PlayストアのSIMフリー版より約1万7000円も高い。因みにワイモバイル版のNexus5XはSIMロックがかかっていてこの値段だ。

 

 SIMフリー版をGoogle Playストアで買って、ワイモバイルのショップで手数料を支払ってSIMを交換してもらい(Nexus5のSIMはマイクロSIM、Nexus5XのSIMはナノSIMで大きさが違う)、機種変更することも考えたが以下の理由から割高なワイモバイル版Nexus5Xを購入することにした。

 

 第1にSIMフリー版だと、落として壊したりした時の保証が一切ないが、ワイモバイル版では税別690円支払えば、修理の保証プランに入れ、壊した時格安で修理できるし、修理中の代替機も借りることができることだ。自分は今年の5月にNexus5を落として壊し、この保証プランのお世話になっている。

 

 第2にワイモバイル版Nexus5XにはSIMロックがかかっているが、購入後181日目以降だと手数料3,000円でSIMロックの解除をしてくれるということが挙げられる。まあ、格安SIMとかにはあまり興味がないので、将来新しい端末を買ってこのNexus5Xを手放す時に初めてSIMロックの解除を考えるような気がする。

 

 第3に店頭でNexus5Xの実機に触れて、1日も早く手に入れたくなったことだ。

 

 第4に一括でSIMフリー版の63,400円を支払う余裕がなかったことが挙げられる。

 

 逆に言うと、自己責任の故障をコスト面も含めて自分で何とかできる自信があり、ちょっとだけ待つ余裕があって、なおかつ63,400円を一括で払える人はワイモバイルユーザーでもSIMフリー版を買ったほうがお買い得になるだろう。

 

 帰りの電車の中から新しいNexus5Xの設定を始め、家に帰ってからも今まで使っていたアプリの再設定などをしているうちに夜遅くなり、明日の出かける準備をしてから、2時30分就寝。

 

【かかった時間:約1時間】