読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日刊双極性日記

双極性障害持ちの日常を中心に。最近ミニマリスト目指し始めました。

2015年10月30日 気持ちの良いサービスは人を幸せにする

 7時50分起床。

 

 今日も時間通りに作業所の送迎車に乗り込む。これで9日連続で時間通り作業所に行けたことになる。

 

 作業所では、午前中イベント企画事業の書類を作成し、午後はそれについてのミーティングを行なう。4時間という短い時間ながら、なかなか充実したひと時を過ごせたと思う。

 

 作業所の後、自分を入れた作業所のメンバー3人でカラオケに行く。狸小路にあるカラオケ店に行ったのだが、前の人が使った後、片付けがされていない部屋に通されたりと出だしは最悪だったが、それなりに楽しいひと時を過ごす。

 

 夕方からは更に3人のメンバーが加わり、合計6人で橙台(だいだい)という中華料理の食べ放題のお店に向かう。今回のメンバーの中には車いすの人もいたのだが、予約時に車いすのことを伝えていなかったにも関わらず、的確に対応してくださり、気持ち良く食事をすることができた。

 

 料理の味の方も申し分なく、120分の食べ飲み放題(90分でラストオーダー)でクーポン使用で一人あたり税込2,500円はかなりお得だったのではないだろうか。しかも作業所の施設長が我々に6,000円を出してくれていたので、実質負担1,500円で楽しむことができた。

 

 その後、ロッテリアに場所を変え、6人で更に色々なことを語り合った。中でも印象に残っているのが、あるメンバーの今までの苦労話で、若いのに色々苦労してるんだなと感心した。その苦労はきっとこれからの人生の糧になると思う。

 

 22時近くまで語り合った後、解散。帰る方向が同じだったので車いすのメンバーと一緒に帰ることに。地下鉄では駅員が車いすのメンバーの乗り降りをサポートしてくれ、自分は大してすることがないような感じだった。中華料理のお店でもそうだったが、良いサービスをされると、とても気分が良いし、幸せな気持ちになる。

 

 自分は今は作業所勤めなので、仕事ではほとんど外部の人と接することがないが、せめて普段の生活の中では、周りの人を心地良い気持ちにさせるような行動を心がけたいと思う。

 

 帰ってきてから、0時寝落ち。

 

【かかった時間:約1時間10分】