読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日刊双極性日記

双極性障害持ちの日常を中心に。最近ミニマリスト目指し始めました。

2015年10月13日 A型事業所の面接を受ける

 7時45分起床。

 

 今日は以前見学したA型事業所の面接日。服装は少し迷ったが、私服で行くことに。駅からかなり離れているので、駅まで迎えに来てもらい、事業所に向かう。面接では職歴のことなどを少し聞かれたくらいで、そんなに突っ込まれることもなく、無事合格することができた。その後色々なことを聞かれたり、書類を書いたりで結局1時間以上これから新しい職場となる事業所で過ごす。

 

 12時15分作業所着。午後、作業所のスタッフさんにA型事業所に合格したので、ここを辞めてそちらに移りたい旨を伝える。急な話だったので、何か言われるかと思ったが、ステップアップを喜んでくれてありがたかった。その後は、今日で会うのが最後になるであろう利用者さんと午後から2人きりになったので、ずっと話していた。

 

 作業所の後、区役所へ行き、B型からA型に移る手続きをしてくる。ただ、区役所の担当者と改めて面談をしなくてはならないそうで、来週頭からA型事業所で働けるかどうかは微妙な状況。

 

 夜はAmazonプライム・ビデオ で「恋する惑星」を観る。これは20年前の香港映画で自分が初めて観たのは、大学の授業でだった。その後、1回は観ているが、少なくとも10年ぶりぐらいに観た。

 

 2組の男女の恋愛を描いた作品だが、今までの香港映画のイメージ(ジャッキーとかね)が一変する傑作である。1組目の恋愛模様も面白いが、2組目のトニー・レオンとフェイ・ウォンが素晴らしい。挿入歌の「夢のカリフォルニア」と「夢中人」がとても効果的に使われていて、物語にどんどん引きこまれていく。

 

 最後、なぜ2人が違うカリフォルニアに行ったのかは謎だが、謎は謎のまま残しておいた方がいいだろう。正直ちょっと古臭さを感じなくもないが、いま見ても十分面白いので、まだ観たことのない人は是非観ていただきたい。当然、5段階評価で星5つである。

 

恋する惑星 (字幕版)

恋する惑星 (字幕版)

 

 

 夜はこの日記を途中まで書いて、うとうとしてから、明日の出かける準備をして、2時就寝。

 

【かかった時間:約55分】